エクシオのパーティー、人が多すぎてヤバかった体験談

婚活パーティー常連だった当時、アラサー女子だった私が、はじめて参加したパーティーがエクシオでした。

エクシオって、正直、ネットでの口コミや評判は、あまり良くないんだけど、大手だけあって、パーティー開催数が多いし、

当時は、今ほど、婚活パーティーを運営している会社が多くなかったので、消去法で、エクシオしかないし…みたいな状況。

まあ、はじめての婚活パーティーでは、エクシオの口コミ評判がどうこう以前に、自分の力不足で、ボロボロの結果に終わったんだけど^^;

参考記事:
→エクシオの口コミ体験談、始めての婚活パーティーの結果は?

ただ、はじめて参加したエクシオのパーティーに関しては、わたし的には、そんなに悪い印象はなかったし、

評判や口コミがイマイチなのは、開催数が多いせいだよね、という感じで、2回めの婚活パーティーもエクシオに参加申し込みをしました。

そして、このパーティーで、エクシオの評判の悪さを、身を持って体験するこになるのですが…^^;

この時、参加したパーティーは、週末の銀座で開催された、男性はハイスペック限定みたいなやつ、

エクシオって、この手のパーティーはけっこう開催しています、すごいのになると、男性は医師・歯科医師限定みたいなやつまで。

医師限定まで行くと、パーティー参加費も男女逆転現象がおきて、女性10000円、男性1000円、みたいな設定、

ちょっと、どんな女性が参加してるのか見てみたい!

あ、私が参加したのは、ハイスペック男性限定とはいえ、条件は、大卒か、公務員か、年収500万以上くらいの、現実的な設定、

っていうか、これだと、Fラン大卒で非正規で年収200万です、みたいな人も、「大卒」というところで条件クリアなので、全然、ハイスペックじゃないんだけどねw

ちなみに、このパーティーで、参加費は、男性5000円、女性2000円、くらいでした。

普通のパーティーだと、女性は500円みたいのもあるので、まあ、多少は、料金設定が変わりますね。

さて、パーティー当日、今日はエクシオの日だ、気合い入れて行かないと、と思っていると、携帯に着信が…

なんと、エクシオからの電話です!

いったい何かと思ったら、この前、はじめてエクシオに参加したことで、パーティーのサクラ要因にリストアップされたようですw

参考記事:
→エクシオでサクラを頼まれる!? 婚活パーティーの裏話

この日に参加予定のパーティーの、1つ後の回のパーティーで、女性が足りてないらしく、

「無料で参加できるけど、どうですか?」みたいな電話でした^^;

無料で参加できるなら…

でも、ちょっと待って、今日、参加予定の1つ前のパーティーでカップリングしたら、次のパーティーに出てるどころじゃないよね、

と、いうことで、パーティーのサクラは断ることに、1本勝負で、運命をたくします。

前置きが長くなりましたが、前回の初パーティーの失敗に懲りて、この日は、ちゃんと余裕を持ってパーティー会場に入りました、

ちゃんと筆記用具も忘れずに持参、この前は、筆記用具を借りようと思ったら、ちゃちなボールペンを売りつけられたので^^;

参考記事:
→エクシオの口コミ体験談、始めての婚活パーティーの結果は?

そして、意気揚々と、パーティー会場に入ってびっくり、

え? ちょっと、人多すぎ…!?

エクシオ銀座の会場は、雑居ビルの1フロアにあって、決して大きな部屋じゃないんだけど、その部屋の中に、人が溢れかえっていました。

婚活パーティーって、男女それぞれ、番号が割りふられるんだけど、その日のパーティーでは40番台の人とかいましたからね、

ということは、男女合わせて80人くらいいる計算になるんですよ。

2時間のパーティーで、最初のトークタイムが1時間ちょっと、すべての参加者同士、回転寿司形式で一巡して話すんだけど、1人の相手あたり1分ちょっとしか話せないわけです。

その1分ちょいの間で、お互いに簡単な自己紹介、相手の人となりを探りながら、忘れないようにメモを取る、はい、無理ですw

それ以前に、男性なんて、席がなくて立ってる人までいたよ…女性より男性の方が多くて、席が足りなかったみたい^^;

そこは、さすがに、席にある数を、募集人数にするべきでしょー、って!

ちなみに、男性ハイスペック限定のこの日のパーティーは、確かに、条件的には良い男性が多かったです。

年収1500万の内科医とかいました、ただし、超デブでかっぷくの良い、不潔っぽい野性味のある人でしたけど。

いや、ぶっちゃけ、100キロは余裕で超えてる感じだったんだけど、思わず、「医者の不養生」って言葉が思い浮かんだよ^^;

そして、その医師に、ちょっと気に入られたらしく、フリータイムでは、一番に、私のところへ来られました。

背筋がゾワッとしたね、いくら条件が良くても、生理的に無理だと、拒否反応が出るもんなんだな~っと実感。

それから、弁護士(年収700万、早稲田卒)の男性とかもいましたね、この人は、見かけも普通の人でした^^;

女性の参加者も、けっこう華やかで小綺麗な人が多く、やっぱりハイスペック限定だけあって、前回、はじめて参加した普通のパーティーより、男女とも、好条件そうでした。

でも、いかんせん人が多すぎ、あまりメモを取る時間もなく、印象残った人はプロフカードで、どこが突出した良い条件がある人たち、そういう人は競争率も高いわけ、

とりあえず、印象に残ったハイスペック男子を何人かを、カップリング希望で出してみたけど、そういう人は、当然、競争率も高いし、かすりもせずに終了、

帰り道が虚しい…

こんなことなら、サクラ要因で誘われたパーティーに、参加希望を出しておけばよかった…

いくらハイスペック限定って言ったって、プロフの内容なんて自己申告で、ホントかウソか分からないし、

条件を求めるなら、職業証明や収入証明が必須な結婚相談所に、最初から行くべきなんです。

そもそも、パーティーはさ、条件じゃなくて、対面した時の印象で決められる、っていうのがメリットなんだから。

この日のパーティーで1つ学んだよ。

それ以降、私は、参加申し込みするパーティーは、年収とかのスペック条件じゃなく、年齢枠と、ちゃんと婚活してる人が多そう、というところを基準にして選ぶようなりました。

ブログ主(アラサー女)が、いろいろと参加した婚活パーティーの体験談を掲載中